今回はまだ大好きな別れた元カレや離婚した元旦那、元夫とヨリを戻す為に多くの方が分からず困っている

 

「冷却期間はどれくらい必要なの?」

 

ということをテーマで書きたいと思います。

 

復縁アプローチを行うまで一般的な冷却期間は3ヶ月と言われています。
しかし、必ずしも全員が冷却期間が必要ではないということです。

 

勿論、冷却期間をおいた方が、復縁がうまくいく場合もあります。

 

しかし、冷却期間をおいたばっかりに復縁に失敗したということもよくあります。
それは「別れて時間をおかなければ、成功していたのに・・・」という悔やんでも悔やみきれない失敗です…

 

では、冷却期間をおいた方が良いケースかそうではないケースとはどういったものなのでしょうか?

 

見分け方を説明したいと思います^^

 

hukuen

 

基本的に別れた時の原因、状況により判断することができます。

 

①冷却期間をおいた方が良いケース

・別れ際にしつこくしてしまった。
・相手が頑固タイプ。

 

②冷却期間をおかない方が良いケース

・自分から別れを切り出してしまった。
・軽いケンカ別れ。
・別れる時に相手が泣いていた。
・遠距離恋愛だった。
・忙しくなり、すれ違いが多々あった。

 

③微妙なケース

・重いケンカの別れ。
・別れ際が感情的だった。
・他に好きな人が出来た。
・相手の浮気。
・自分の浮気。
・価値観の相違。
・彼への魅力を感じなくなった。
・周囲の反対にあった。
・お互いの性格の不一致。
・結婚へのプレッシャー。
・好きになれなかった。
・離婚。
・不倫関係の別れ。

 

ゆかりゆかり

私の場合「別れ際が感情的だった」に当てはまったので失敗のないように慎重に冷却期間を考えタイミングを考えました☆

 

参考にしてみてくださいね☆

 

→冷却期間後に復縁成功体験談はこちら